コエンザイムQ10・CoQ10, L-カル二チン&アルファリポ酸


 心臓を強くする美肌づくりにダイエットに運動能力アップ等々



●心臓を強くする●美肌づくりに●ダイエットに●運動能力アップ等々

  TVの影響力は凄まじいもので『あ○あ○大辞典』の放送後、コエンザイムQ10が大人気!
その番組では、『老化から人類を救う』と題し若返りの源!シワが浅くなった!等様々な検証をされてました。

それと、もう一つは『いびき』を治す働きがあるということ!
詳しくは下記をご覧下さい!

   アメリカでは最高の高品質なサプリメントです NSI


≪アロマセラピー関連≫

≪美容関連≫

≪健康サプリメント関連≫
男女スレンダートーンEMS
子供関連&サプリメント
 

≪ペット用関連≫


≪3Dクリスタルギフト≫




エコンザイム・CoQ10 100mg

コエンザイム CoQ10
 100mg 60カプセル入り
4750円

エコンザイム・CoQ10 200mg

コエンザイム CoQ10
 200mg 60カプセル入り
6750円

 
3種混合サプリ!!

CoQ10/アルファリポ酸/L-カルニティン

コエンザイムQ10/200mg
アルファー・リポ酸/250mg
L-カルニティン/250mg
60カプセル入り 1日1カプセル
115
80円





L-カルニチン
500mg 60カプセル入り
(2か月分)

3750円
     

お買い得品

アルファリポ酸

アルファー・リポ酸 100mg
 120カプセル入り(約4か月分
 1日1カプセル..   

7550円



アルファ・リポ酸 300mg
   60カプセル入り 1日1カプセル
(2か月分)

5690円
         
_______________________________________________________


≪コエンザイム CoQ10とは≫
エコンザイム・CoQ10 200mg    CoQ10/アルファリポ酸/L-カルニティン

CoQ10は、60兆個ある人体のすべてに含まれ、エネルギーを生み出すために決して欠かせない物質です。
そして、細胞内にある小器官ミトコンドリアは、身体活動を維持するエネルギーの生産工場と言われています。
その生産工場で、生産をサポートするエンジンの代わりをし ているのが、「CoQ10」という訳です。

「CoQ10」はミトコンドリアの中以外にも、血液や小 器官などの細胞内に存在します。
ミトコンドリア内で行っているのと同じように、体内のすべての部分に関わりながら、それぞれの細胞の活動を助けているのです。

その中でも特に注目されているのが、体内の酸化を防ぐ坑酸化作用です。坑酸化作用、つまり簡単にいうと、鉄が年月で錆びたり、魚や野菜などの生鮮食品が古くなって臭いを放つのは活性酸素が物質を酸化させてしまうためです。

そして同じように体内にある脂質も、カラダの中の活性酸素によって酸化し「サビる」をいう現象を起こしてい ます。
こうして出来た体内のサビは、細胞の働きを低下させたり、異常を起こしたりして、老化や病気の原因を作ります。
その酸化を抑える坑酸化物質が「CoQ10」なのです。
それぞれの細胞のミトコンドリア内に存在し、エネルギーを 生み出す重要な役割を担っています。
『CoQ10』は「究極のサプリメント」と言われているのです。

20代をピークにCoQ10が減すると同時にエネルギー生産量も減り、代謝代謝の量が落ちたり、疲れが溜まりやすくなったり、放っておけば各臓器の衰えをもたらします。
例えば、「年々太りやすくなってきた」「肌荒れがきになる」 「疲れがなかなかとれない」といった20代以上のかたに共通 する悩み、これも『CoQ10』が減少することで起こる悩みだともいえるのです。

『CoQ10』が不足すると、食物からエネルギーをスムーズに作れなくなり細胞の活力が低下します。
筋肉や内臓がきちんと働くには、エネルギーが必要です。
体内でその唯一の供給源となっているのが、ATP(アデノシン3リン酸) と呼ばれる物質なのです。
食事でとった糖分や脂肪はすべて分解され、最終的には クエン酸回路を経由してATPになります。
ATPを作り出すのに欠かせないのが『CoQ10』なのです。

1日の摂取量を食べ物で表すと.................  これだけの量を食べれますか?

牛肉・・・3kg、  イワシ・・・20匹、   ブロッコリー・・・12kg

コエンザイム・CoQ10を摂取し、身体の機能を回復。
勿論のこと老化防止にも効果があると立証されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


≪アルファ・リポ酸≫ 
                   ≪L-カルニチン≫ 
 CoQ10/アルファリポ酸/L-カルニティン   アルファリポ酸                    

この『アルファ・リポ酸』という成分、多分国内でご存知の方はまだまだ少ないのではないでしょうか。おそらく美容に関して、かなり力を入れて積極的に調べたりしている方でもない限り、存在すら知らないかもしれませんね。

アメリカではコエンザイムQ10を超える程の注目を集めているのにも関わらず、日本では知名度が低いのです。

その理由は、国内ではつい最近まで医薬成分として取り扱われてたためでそれが遂に食品として認可され解禁となりました♪注目されるからにはちゃんとした理由があります。

その1つは、ほかに並ぶものがないほどの強力な アンチエイジング(老化防止)効果。
そしてもう1つが、糖(ブドウ糖)のエネルギー変換効率を上げ、リバウンドのしづらい身体を作る体質改善を狙った効率的なダイエット効果です

『ビタミンC・Eの400倍の抗酸化力』

アンチエイジング(老化防止)を考える上では、老化を進める諸悪の根源である活性酸素をいかにうまく排除するかが最も重要なカギとなります。
強い抗酸化力があるビタミンC、ビタミンEは美容の世界では大変人気があります。
少し前には、ピクノジェールという抗酸化物質が登場してこれがなんと、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍もの抗酸化力を有しているということで注目を集めました。

しかし『アルファ・リポ酸』は凄すぎました!
なんとビタミンC、ビタミンEの400倍 もの抗酸化力があるんです!

しかもそれだけではなく、一度使われて抗酸化力を失ったビタミンCや、ビタミンEをリサイクルしてくれることで、抗酸化力の持続性を飛躍的に高めてくれるのです。

ビタミンCを日頃から摂っていても、寝ている間に抗酸化力が失われて、細胞が活性酸素にいじめらているなんてことご存知でしたか?

美容は継続的に力をかけることが重要とされています。それは細胞の中でも同じことなんです。

老化防止のための瞬発力と持続力の両方をかつてない程に高めてくれる、はっきりいって、これだけでも即買い決定ですね!!

事実、国内で『アルファ・リポ酸』含有サプリを血眼になって探している美容マニアも少なくありません。

というよりも、今血眼になって探している方々は、この激しいまでのアンチエイジング効果を既にご存知の美容マニアの方ばかりだと思います。

『ビタミンC・Eの400倍の抗酸化力

そしてもうひとつの注目効果である、ダイエット効果も見逃せません。

ダイエットを成功させるためには、脂肪を燃焼させる前に摂取したブドウ糖をいかに早く代謝=エネルギーに変換できるかがカギになります。
「甘いものはあんまり食べないから、私にはブドウ糖は関係ないよ〜」という方、それは大きな間違いなんです。
実は炭水化物(ごはん、パスタ、パン、ラーメン等)は、体内でブドウ糖となり、使い切れなかったブドウ糖が、中性脂肪として身体に蓄えられてしまうんです。
日本人が摂取するブドウ糖の大半が、この炭水化物によってもたらされているといっても過言ではありません。

エネルギーとして消費される順番は、ブドウ糖 ⇒ 脂肪の順番ですが、通常よほど運動をしている方でもない限りは、脂肪の消費に行く前に摂取したブドウ糖を使い切ることすらできません。つまり、どんどん脂肪が蓄えられてゆくことになります。

『アルファ・リポ酸』はブドウ糖の代謝効率を上げ、つまり、毎回使い切ることによって、これ以上脂肪を溜めないばかりか、身体には常にエネルギーがあふれ代謝に富んだ体質、「太 り 難 く 痩 せ 易 い 体 質」に導いてくれるんですね♪

また、食事制限を伴うダイエットでこんな経験はありませんか?
『体重は減ったのに、体脂肪率が上がってしまった』
これは食事制限により、筋肉細胞に到達するエネルギー源(ブドウ糖や脂肪)が減ってしまい、筋肉で起こるエネルギー不足が原因なんです。足りないエネルギーは、筋肉細胞がブドウ糖に変えられることによって補われ、この時筋肉は削られてゆきます。
食事制限による体重の減少は、脂肪からではなく筋肉が削られてゆくことで起こるため、相対的に脂肪のパーセンテージが上がってしまいます。
ダイエットに代謝アップは無くてはならない要素。そしてその代謝は筋肉が握っています。その肝心要の筋肉が減ってしまえば、あとはリバウンド街道まっしぐら!?半月後、体重計の数字をみて悲しむなんてことにもなりかねません。

『アルファ・リポ酸』はこんな時も大活躍です。
なんとインシュリンと連携してブドウ糖を積極的に細胞内に導く性質があるため、食事制限のダイエット(あまりお勧めはできませんが)を行っている時でも 筋肉のエネルギー不足を回避することができます。
つまり、リバウンドを起こし難い体質を作ることが可能となるんです。

万能の新成分、それが『アルファ・リポ酸』!
『アルファ・リポ酸』は知れば知るほどその魅力は増すばかり♪
ブレイク必至の超お勧め成分ですので、絶対覚えておいて損はありませんよ!

これらを合わせて摂ることでコエンザイムQ10の能力は100%発揮され、リポ酸もさらに効率よく働くことができます!
だから、GAPSα-リポ酸はCoQ10も配合!!

『CoQ10』と『α-リポ酸』は相性抜群♪これらを合わせて摂ることでコエンザイムQ10の能力は100%発揮されます。

さらに、燃焼力up↑のラインナップ! 体内環境を整えながら L-カルニチン・共役リノール酸・ナイアシンで 『 あ ぶ ら 燃 焼 !!

         


悪い酵素を抑制して老化を防ぐ!

活性酸素は細胞の老化を進めたり、病気の原因を作るいわば悪玉菌。この活性酸素を抑えるの坑酸化物質が 「CoQ10」のもうひとつの働きです。
積極的に摂取すればサビを防げ、坑酸化作用で細胞を守りカラダを若々しく保つ栄養素です。


細胞レベルで体調を整え元気作り!!

臓器や器官、血液などカラダを構成しているほとんどの 細胞には、ミトコンドリアというエネルギー工場があり『CoQ10』は細胞内でも特に多くのミトコンドリアの働きを助けて活性化させます。


CoQ10はすべてのサプリのベースになる!!

基本となるカラダが良い状態にならなければ、何をとっても効率よく成分を吸収する事ができません。
CoQ10はそんなカラダの内側に作用し、基礎を整えて最高にする究極の物質でありベースサプリメントとして最適です。


美容と健康のパートナーに最適

「CoQ10」は直接細胞に働きかける栄養素。
そのため、さまざまな効果を実感することができるのです。
カラダのなかの脂肪を効率よくエネルギーに変えてくれる細胞に作用すれば、ダイエット効果はもちろんの事!
若いころの代謝に少しでも近づける事が出来ます。
また、肌細胞に作用すれば肌のたるみやシミ・シワの改善、 疲労感や二日酔いがなくなるといった効果も期待できます。

《摂取方法》 

「CoQ10」は水に溶けずに、油に溶けやすい性質を持ってい る為、空腹時を避け、油を使った食事の途中や食後に摂るのがもっとも効果的です。
効果には個人差がありますが、基本的には1日60〜100mgを目安に、効果が薄い時には少しずつ増やして適量を見つけて下さい。
又、疲労感が強い時や病気の時には300mgを摂取してください。

 もう一つの重要な作用として!

(((いびきも回復!!いびき”を静め朝の目覚めもスッキリします。)))
4日目辺りからいびきが消えるという活気的サプリメント!

いびきは本人は眠っているから何ともないと思われがちですが眠っていても耳には騒音となり脳を刺激し呼吸にも無理がある為酸素不足に陥り結果睡眠が浅くなったり循環系に悪影響があるといわれてます。

■ いびき人口2,000万人
朝日新聞によると、日本の常時いびきをかく人は約2,000万人もいるとのことです。そのうち、200万人がSAS(睡眠時無呼吸症候群)という病気に伴う豪快ないびきをかいています。しかも、SASに罹ってる人の9割はそのことに気づいていません。 (2001年7月10日朝刊より)

■ いびきの原因
いびきとは睡眠時に発生する粘膜の振動音です。睡眠中に咽頭や舌の筋肉の緊張が低下した時や、アデノイドなどの鼻疾患、咽頭部の障害によって気道が閉鎖する時に起こります。どちらも睡眠中は空気の通り(気道)が塞がれ狭くなります。そこに空気が通ると粘膜が振動しいびきが発
生します。

■ 肥満によるいびき
いびきは体重の増加とともにその割合も多くなるようです。体重が増えるにつて喉や舌も太くなり、その結果気道が上下左右に圧迫され気道が狭くなりいびきの発生につながります。

■ アルコールによるいびき
体内にアルコールが入ると気道内がうっ血し粘膜が膨張します。鼻が詰まった感じになるわけです。また舌や咽頭の筋肉の緊張がなくなり気道が狭くなりいびきの発生につながります。

喉頭蓋もノドチンコも上がっていて鼻から気管に空気がスムーズに流れ音が出ない。
ノドチンコ、舌の奥、喉頭蓋が膨らみ垂れるため音が出る。ノドチンコが邪魔をして鼻で息ができない。

人からよく言われる方や、お心当たりがある方は、是非お試し下さい。

関連商品

                     
ローズヒップ  免疫力効果       グルコサミン&コンドロイチン            プロポリス           ローヤルゼリー

                   
      アガリクス各種        ジェイソンウインターズティー各種           セレニウム